感情のコントロール

さて。

 「オレは婚外恋愛がしたいんだよ」
 という発言から始まったシリーズですが、

 最後に、感情のコントロールの話を少し出しました。

 >上の、感想を書いて下さった方も、

 >私が感情のコントロールレベル3の話を書いているのに、
 >なぜか感情のコントロールレベル1の話に、

 >いつのまにかすり替わっていますし。

 >この辺、もう少し誤解なく伝えてみたいと思います。

 という感じで。

 感情のコントロールのレベルというのは、
 私が勝手に使っている用語ですので、

 心理学の本を見ても書いてないです。

 ただ、
 精神的成長を考慮すると
 感情のコントロールレベルも、
 私が提示するように、進歩・成長するのではないか。

 まあそんな風に考えられるので、
 分かりやすさのために使っています。

 感情のコントロールレベルは1~3まであって、

 レベル1は、
 感情や欲求に振り回されるレベル。

 前回紹介した感想には、

 >主人に不倫されているので、
 >心穏やかにはみれませんでした。

 >あずまさんは、奥さんが今から婚外恋愛してくるね!
 >と出かけ時、いってらっしゃい、楽しんで!
 >と見送れますか?

 と、ありました。

 これは、感情のコントロールレベルを使って翻訳すると、

 「あづまさんは、奥さんが感情のコントロールレベル1で、
  婚外恋愛したい欲求に、そのまま従ってしまう人でも、
  笑顔で受け入れられますか?」

 と言っているに等しいわけです。

 もちろんその答えは、NO、に決まってます。

 私は常々言っていますが、

 精神的成熟度が低いままでは、
 パートナーシップは維持できない。

 これは、私の変わらない信念です。

 感情や欲求を、コントロールできず、
 そのまま垂れ流してしまう。

 ・浮気したいので浮気する。
 ・かーっと来たので、目の前の人にぶつける
 ・むかついたので、陰険な方法で復讐する

 まあこういうのは、レベル1と言えるでしょう。

 上記の感想を書かれた方は、
 まあ、直前に浮気されたという経験がありましたので、
 どうしても、周りの人を、

 「人は、精神的成熟度が低いもので、
  自分の感情には、振り回されて従ってしまうもの」

 というイメージ(先入観)を持ってしまっているかも
 しれません。

 あなたはどうでしょうか?

 ちなみに、私の個人的見解ですが、

 浮気症の人と付き合ってしまうというパターンは、

 浮気症の人:感情のコントロールレベルが1の人
 ですので、

 子供時代に、親の感情コントロールレベルが1だったりして、

 自分では無自覚だと思いますが、

 感情コントロールレベルが低い人を、
 「みんなそんなもんだよね?」と
 受け入れてしまう、
 そういうメンタリティーが大きく影響しているんじゃないかと、
 私は考えているんですね。

 私の用語で、

 「自分にとってこの世の中の他人はどんな人か」

 というイメージのことを「ワールドイメージ」
 と呼んでいるのですが、

 子供時代に、親の感情コントロールレベルが低い。

  →感情コントロールレベルは低いのが標準、
   というワールドイメージを持ってしまう

   →感情コントロールレベルの低い男性を見ても、
    「そんなものだよね」と受け入れてしまう

    →結果、浮気問題などが(必然的に)発生する

 というメカニズムが働いているんじゃないかと、
 考えています。

 ちなみに、レベル1の特徴は、振り回されている、
 であるのに対して、

 レベル2の特徴は、我慢する、です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です